櫻間の芸風を受け継いで

 能の歴史は 7世紀に中国大陸から伝わった散楽に端を発すると云われます  
 興福寺 春日大社等の神事を司る外山座(とびざ)結崎座 坂戸座 円満井座(えんまいざ)を大和四座(やまとしざ)と呼び
 其々が現在の宝生 観世 金剛 金春の各流派に繋がるとされます
 室町時代に 足利義満が観阿弥世阿弥親子の結崎座を庇護し現在の能楽の原型が完成されました

 江戸時代までは猿楽と称され 元和年間に金剛座から喜多流が分かれ 現在の能五流 能楽協会に繋がります

 金春流は その始祖を秦河勝とする伝説を持ち 世阿弥の娘婿となった金春禅竹の頃に京都に進出します
 明治維新後 急速に衰退した能を支えた明治の三名人「宝生九郎 梅若実 櫻間伴馬(後の左陣)」の一人
 櫻間左陣の次男 櫻間弓川も名人と云われました
 弓川の息子が櫻間金太郎師 私も金太郎師の舞台を何度も拝見しています

 私の前職での人事部時代の一年先輩が長谷猪一郎氏
 長谷さんは  十二世千五郎 二世千之丞を叔父に持つ大蔵流狂言茂山家のご出身
 元々狂言のお稽古に 桜間金太郎師に師事し シテ方を務めて来られました

 サラリーマンを続けながら 能楽を続けられた方は少ないかと思いますが
 平成25年4月には日本ユニシス株式会社を退職され 愈々能に専念されるのではと推測します

 私が社会人になってから ほぼ毎年 長谷師の舞台を見続けて来ました




 平成27年は 融 でした

 写真は 笏の舞 との解説が付いています

 長谷師匠の師 櫻間金太郎先生の実父で 大正から昭和に活躍された
 櫻間弓川(キュウセン)は著書の中で この「融」と云う能を
 「少ない登場人物など簡素な構成でありながら
  喜怒哀楽の複雑な感情を深く表現した 能本来の精神を最もよく表現してゐる能」と
 称賛しています













 平成27年年賀状から 石橋(しゃっきょう)の勇壮な舞台です

 今年は 紅葉狩を11月28日に舞われるそうです




















 毎年 長谷師からご自身の舞台の写真が年賀状として
 お送り頂いています

 平成25年11月30日に今年の舞台 石橋(しゃっきょう)を舞われるとのこと
 愉しみです


















 邯鄲






















 田村































 左は半蔀(はじとみ) 右は角田川(すみだがわ)








































 偶然 長谷師匠の着付け姿を
 発見しました


























































 説明書きには 「負修羅」とありました